<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

冬の研修会

もう2月も終わりですが
1月の研修会の模様を

d0314924_18395722.jpg

まずは、宮下さんによる吉田松陰について
大河ドラマでも取り上げらていますよね。
吉田松陰 高杉晋作 そして長州ファイブまで
激動の時代を生きた人たちのお話でした。

d0314924_1837875.jpg

中川さんによる
松平家と親藩及び忠直と永見家についてです。

皆さんは越前松平家をご存じですか?

福井藩はもちろん出雲松江藩や播磨姫路藩など各地で結城秀康の子孫が藩主となりました。

たくさんの資料を作ってくださり、研修も盛り上がります。

お二人ともありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2015-02-27 18:52 | 活動の様子 | Comments(0)

福井県立図書館内に『県・ふるさと文学館』がオ-プンする

056.gif ふるさと福井の《文芸の歴史》を発信する
                        『殿堂』が開設された。 060.gif 
d0314924_17222457.jpg

このたび(2月1日オ-プン)はふくい県民にとって正にふるさと福井の〝誇りと愛着〟また  〝文芸の香り〟を高める施設が開館された。
福井県立図書館(2003年移転開館)群は、開館以来入館者数・対人口比率連続全国第一位と言われ全国からも注目視される施設となっている
d0314924_1738437.jpg
d0314924_17393278.jpg
  県内には「橘曙覧記念文学館」はじめ、出身地域などには、ゆかりの文芸人たちの「記念館」や施設などが数多く開設されているが、こうしたふるさと福井ゆかりの文芸人や作品を一堂で紹介している施設は全国的にも稀で、県民にとっても意義深く自慢の施設と云えよう。d0314924_17292787.jpg   開館記念式典では、当文学館の開設に強い思い入れを持っておられたと云われる、福井市出身の芥川賞作家で、当館の特別館長として招かれた、「津村節子」さんもあいさつされた。
    〝本を読むだけの図書館と違い、「文学館」はテ-マを定め、関連の資料なども展示すれば(文学を)より身近に感じられる。いろいろな催しを企画し来館された方々が交流できる場にしてもらいたい・・・・〟と。
また当日は、記念イベントとして、ともに福井市出身の「津村節子」さんと直木賞作家「藤田宜永」さんの対談が催され 「夫婦作家が語る!!小説家の人生」と題して、同図書館の大ホ-ル満席の中で、楽しくも興味深いト-クを繰りひろげて頂きました。
d0314924_1947494.jpg
『県・ふるさと文学館』のこれから益々の盛況を願いたい思いです。
                   BY/ 「語り部」  I ・YAMASHITA
[PR]

by fukuinokataribe | 2015-02-06 20:04 | お知らせ | Comments(0)