<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イメージチェンジ!

福井城址のお廊下橋のところに、山里口御門が復元される。

山里口御門は、福井城西二の丸の山里丸から本丸への入り口の門として、

城創建当時につくられたそうだ。

2016年度の完成予定。

2階建ての櫓門(やぐらもん)平屋建ての棟門(むなもん)を復元するそうだ。

9月30日の福井新聞より抜粋しました。
d0314924_208461.jpg

                     by  Y・Y

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-30 20:11 | お知らせ | Comments(0)

幻の城が本当にまぼろしに!

3年前、北の庄城址に建てられた復元模型が解体撤去されることに決まった。

北の庄城の資料がないので当時の様子がわからず、柴田勝豊が築いた「丸岡城」

当時築城された「松本城」を参考に復元された。

しかし、老朽化のため撤去される。

柴田勝家とお市の方の愛の巣が、再び無くなる。

でも、魂は永遠にあそこにいるであろう!

9月26日の新聞、日刊 県民福井に掲載されていました。

d0314924_11542219.jpg

                          by Y・Y

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-26 11:56 | お知らせ | Comments(0)

あの場所が映画に!

江戸時代、福井藩主の別邸である養浩館庭園が映画の撮影地に選ばれたようです。

10月4日(土)公開の「蜩の記」
だそうです。

皆様、是非ご覧になって下さい。

そして、福井に来られて体感してくだされ!

ツィターでの記事をシェアさせていただきました。

https://twitter.com/fukui_yokokan/status/504186682099261440/photo/1

                     by Y.Y
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-26 11:02 | お知らせ | Comments(0)

福井城址周辺でくまモンに会おう!

福井城址周辺でイベントをしています。

9月20日・21日ですが、21日にはくまモンが来てくれます。

福井藩主 松平春嶽のお嫁さんは、熊本から嫁いでくれました。

勇姫(いさひめ)さん、さぞかし遠かったでしょう!

d0314924_18522778.jpg



d0314924_18552659.jpg

d0314924_1856416.jpg



















































           
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-20 18:58 | お知らせ | Comments(0)

戦国時代のグラス復元

9月20日の福井新聞に掲載されていました。

一乗谷朝倉氏遺跡から出土した戦国時代のガラス片から科学分析をし、復元したらしい。

改めて、朝倉氏の栄華が想像される。

是非福井へいらして下さい。

d0314924_9392975.jpg


                   by Y.Y


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-20 09:42 | お知らせ | Comments(0)

敦賀 近代化遺産周遊ツアーを体験

福井県観光ボランティアガイド連絡協議会が主催する福井の広域語り部ガイド発表・交流会が9月4日(木)に

敦賀交流施設(オルパーク)と福祉総合センター(あいあいホール)で開催され、私たちグループ9名が参加。

総勢80名近くの参加者があり、旧北陸鉄道をなつかしむ感動の一日でした。

d0314924_1645492.jpg

敦賀祭りの紹介のあと、小型バス3台に分乗し旧北陸線の 敦賀- 今庄間でなつかしいD51型蒸気機関車が力強く走った隧道を見学

これらの隧道は日本人だけの力で作られたものであり、煉瓦や切石を様々なデザインで組み合わせて

坑門が造られている。

煉瓦については、側壁は当時主流であったイギリス積み。アーチは長手積みが多く採用されている。

山中越えのこれらの隧道は幾多の国難を克服し、三年をかけて明治29年に貫通され、
d0314924_16481464.jpg

現在は地域の生活道路として利用とれています。

当時の思い出

d0314924_16351439.jpg

小学生の頃 夏には、杉津(敦賀)や久々子(三方)で臨海学校があり 汽車に乗るとトンネル内は

蒸気機関車の吐く煤煙が窓を閉めてもすき間から入って来て、鼻の中まで真っ黒になり

白い物は特にススだらけになり大変でした。

当時の駅弁が再現? 〔塩荘 御辨當 30銭〕
d0314924_16412938.jpg

昼食には塩荘メモリアル弁当(復刻版)が用意され、当時の雰囲気を盛り上げました。


旧大和田銀行(敦賀市立博物館)
d0314924_1711717.jpg



みなと敦賀山車会館
d0314924_1732982.jpg



BY Y.I

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-08 17:10 | 活動の様子 | Comments(0)

いざ、明治へタイムスリップ

 今回は、北陸トンネルが開通する前の明治29年頃のお話です。

では、敦賀から乗車しましょう!
旧北陸本線なので、現在とは違う車窓を楽しめます。

皆さん、想像のつばさを広げてね!
出発進行!
乗車して「腹が減っては戦ができぬ」ということで、まずお食事です。
d0314924_19471142.jpg




この駅弁の 掛紙、素敵ですね。   「金30銭? いつの頃かしら?」















実は

d0314924_19574573.jpg

「ごちそうさまでした。敦賀の特産がいっぱいで、とても美味しかった!」

敦賀から今庄へ向かっています。

シュッシュッポッポ、シュッシュッポッポ、ポー

「あっ!トンネルだ。早く窓閉めないと顔がまっ黒になる」
d0314924_20112293.jpg

ここは、樫曲(かしまがり)トンネルです。
d0314924_20155661.jpg

d0314924_20203941.jpg



トンネルの 煉瓦の積み方は、強度を考えて工夫してあるそうです。








皆さん、この歌をご存じでしょう。   汽笛一声新橋を……
そうです。「鉄道唱歌」です。一部をご紹介しましょう!

♪ 海のながめのたぐいなき
 杉津(すいづ)をいでて トンネルに
 入(い)ればや あやしやいつのまに
 日はくれはてて暗(やみ)なるぞ


杉津を過ぎるとスイッチバックしながら進む山中信号場です。
1000m進むと25mの高さになるという、当時の列車では限界といわれた急勾配です。
d0314924_20464669.jpg

d0314924_20471639.jpg


ポー!
                                    
タイムスリップしたよ。
実際の汽笛の音を聞かせて頂きました。



       皆さん、想像のつばさは広げられたでしょうか?

敦賀で開催された「広域語り部ガイドの現地研修」の様子でした。
d0314924_2114561.jpg


平成26年7月に福井県観光推進課が発行したガイドブックです。

敦賀市   観光推進課と  南越前町  産業振興課が協力して企画されました。
それぞれの観光ボランティアの皆さんに案内していただけます。













気比神宮の例大祭である敦賀まつりに巡行する山車(やま)も見学するはずでしたが、天候不順で巡行中止でした。
本来ならば、こんな風景が見られるはずでした。
6基並ぶと壮大だろうなぁ!
d0314924_2121149.jpg





観光ポスターより
d0314924_21232523.jpg    

















みなとつるが山車(やま)会館にて




















この山車の特徴は、武者人形に実物の甲冑、能面、華麗な衣装をつけて飾ります。

武者人形の下に飾ってある水引幕を修理するには4面でいくらかかると思いますか?

5000万円だそうです。どひゃー!
それでは少しの雨にもあたらせてはいけないよね。納得!

今日一日、いろいろと聞かせていただき楽しかったです。
               
                    by   Y・Y



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-06 21:53 | 活動の様子 | Comments(1)

三大古都のひとつ、長岡京へ

三大古都のひとつ、長岡京へ

 8月7日(木)に行われた福井県観光ボランティア連絡協議会主催の先進地視察研修会

長岡京市を訪ねての現地研修及び意見交換会に参加させていただいた。

7月20日に全面開通した舞鶴若狭自動車道に初乗りして爽快な走りを楽しませていただき、京都縦貫自動車道(一部工事中)を経て長岡京インターを降りた。

 昼食後、現地の方(NPO法人長岡京市ふるさとガイドの会)の案内で神足(こうたり)神社、勝竜寺城公園等を見学し、その後、ガイドの会との意見交換会が開かれました。

 この地には福井ゆかりの継体天皇が都を置き(弟国宮(乙訓郡))、その後平城京から平安京への遷都の途中にも桓武天皇により都の置かれた(長岡京)という大変歴史の深い地域である。

そしてその後も京と西国を結ぶ要衝の地であった。

しかし、要衝の地であるが故にここは南北朝時代、応仁の乱、山崎の合戦等々戦いの場ともなった。
 
* 勝竜寺城公園;細川忠興・玉(ガラシャ)夫婦の居城、山崎の合戦時の光秀の陣地
d0314924_16195438.jpg



* 細川忠興・玉(ガラシャ)の夫婦像;玉の顔は吉永小百合さんを真似たとのこと
d0314924_16185699.jpg



* 神足神社(こうたりじんじや);旧神足村の産土神で祭神は舎人親王(天武天皇の子)
であるといわれている。
d0314924_16204686.jpg

 
* お堀の角にて泳ぐ鯉(光秀か)をジッと見据えている鵜(秀吉か、官兵衛か)が見えますか?
d0314924_16234230.jpg



さて、意見交換会ではここ長岡京市は大都市・京都と大阪の間に位置していて観光客を取り込むことには
大変苦労されているようですが、「ガイドの会」の方々の話では観光客も大事であるが、まずは市民に対しての郷土歴史に対する認知を深めてもらうことが重要だと言われていた。

どの地域においても、よく似た悩みを抱えているものである。

しかしながら、「長岡京市ふるさとガイドの会」の方々には、私財を投げ打ってまでも幻の都といわれてい
た長岡京の発掘調査に生涯を捧げ、実在したことを証明した「中山修一氏」(記念館あり)の遺志を継いで、色々なアイデアを出しながら、この歴史的遺産を後世に引き継いでいこうという強い意志が感じられた。


 帰路の途中、敦賀JT手前の敦賀衣掛大橋(高さ70m)から見下ろす敦賀市内及び敦賀湾の夜景は
実に素晴らしく、疲れも少し取れたようであった。
                                  by KTB-46



* 長岡京市ふるさとガイドの会との意見交換会の様子

d0314924_1626759.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-09-01 16:38 | 活動の様子 | Comments(0)