<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

南北朝から室町時代

7月29日(火)は研修会でした。

まずは、河原さんによる「南北朝争乱と越前」の題目で発表です。

河原さんは福井・新田塚郷土歴史研究会の代表も務められていらっしゃいます。

d0314924_1456396.jpg
d0314924_14561738.jpg

今日の研修会の目的は、福井市民の方に福井のことを
わかりやすくお話しすることを
目的にしています。
南北朝時代のことや新田義貞がどのような経緯で
福井に訪れたかまでは知らない人は
多いとおもいますが、そのことなどをわかりやすくお話しされていました。

今回の研修は発表の方に感想やアドバイスをする時間を設けていますが、
皆さん どんどん 意見や感想を述べられて、河原さんも前向きに意見を取り入れようと
なさっています。

発表はわかりやすいのに、おごらないご様子で

向上心には、頭が下がります。





次は、加藤さん

一乗谷朝倉氏についてのお話しです。

加藤さんは一乗谷朝倉氏遺跡で、コンシェルジュをされています。

春の美しい朝倉の写真を用い発表をされていました。

d0314924_15265932.jpg

d0314924_15271872.jpg


写真をたくさん利用してのお話しは一乗谷朝倉氏遺跡がどのようなところかよくわかり

きっと 行ってみたいとおもわれるのでは・・・








「語り部」は福井の歴史をわかりやすくお話しできるように研修会を重ねています。



県外から福井に赴任される方々に福井のことを知っていただきたいとも思っています。

企業の研修にも「語り部」をご利用いただければと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-07-30 15:36 | 活動の様子 | Comments(0)

福井城址 お堀の灯りに参加

【福井城址 お堀の灯り】に参加しました。

この【お堀の灯り】イベントは昭和20年7月19日の福井空襲や昭和23年6月28日の大震災で
お堀で亡くなられた人々を慰霊するもので、厳かな中にも不死鳥のねがいがこめられています。

d0314924_1513470.jpg


色々な灯籠6,000個が幻想的な灯りで城址とお堀が鎮魂の光で包まれ、今回で5回目を迎えました。

私たち語り部も、今回からこのイベントに参加協力をしています。

d0314924_15165052.jpg


当時、学童だった(今は80歳近いおじいちゃん)会員による体験談や写真パネル、焼夷弾、防空頭巾などを
説明。 戦争を知らない参加者たちは、改めて平和のありがたさを実感されていたようです。
d0314924_9325394.jpg

d0314924_935388.jpg


〔福井空襲の絵は福井空襲を語り継ぐ会の画集 会長林正夫氏の協力により転載しました。〕

d0314924_9373279.jpgd0314924_9364491.jpg




  





  
























































d0314924_1522440.jpgd0314924_15223727.jpg


お話しの中で、
当時の日本女性は強かったと強調されていました。
男手(戦争と軍需工場への勤務の為)が無い時に子どもを育て、家や老人を守り、食べることに精一杯の時代によく頑張ったものであると先輩は話しをされていました。
まったくその通りで男では出来なかったことでありましょう。

疎開するには母の実家へ も なるほど 理解できました。

‘いざとなったら都会より田舎へ’

近代的な物量を誇る米軍に対し竹やりやバケツリレー 灯火管制 何ともなさけない状況でした。

負けるべきして負けた戦争だと実感しました。





by Y.I

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-07-22 15:44 | 活動の様子 | Comments(0)

今年も、『福井城祉 〝お堀の灯り〟』が開催されました!

 7月19日(土) 第5回目となる『福井城祉〝お堀の灯り〟』が、主催関係団体、参加団体、また、多くのボランティアの方々の協力のもと、静やかな内にも盛大に開催されました。
d0314924_15114589.jpg
当日は、早くから会場周辺に、準備の方々が集合し、指示のもとに各々持ち分の作業に就いていました。「お堀」の中での作業では、福井大学・福井工大の<カヌ-部>メンバ-が大活躍していました。
d0314924_15262924.jpg
d0314924_15262821.jpg
     「語り部」のメンバ-も数多くの人達が準備協力に汗を流していました。ご苦労さまでした。
d0314924_15352787.jpg
   夜の「内堀公園」でも福井城祉にかかわる〝歴史よもやま話〟を語り部メンバ-が担当しました。
d0314924_15545656.jpg
d0314924_15554429.jpg
 「お堀」の脇には献花・お祈りのステ-ジも置かれ、6,000個の『灯り』に飾られた夜の福井城祉周辺は、「空襲」や「震災」などで亡くなられた人たちを<鎮魂>する静やかさも満ちていました。
d0314924_16112331.jpg
                永遠の≪平和≫に祈りをこめて・・・・・
                                     BY/ 「語り部」  I ・ YAMASHITA


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-07-20 16:23 | 活動の様子 | Comments(0)

当番のある日

7月13日 am10:00~pm1:00
朝から、重いとしか形容できない雨水が天から降り注ぐ。
閑散とした北の庄城趾公園にあって、無性に人恋しく感じられる。
時に訪れて下さる観光の方々に、飛びつかんばかりの想い。
  

12:40頃、県内の方に九十九橋の絵図を見て頂いている時のこと、こんな質問をお受けしました。
   
「この水岸の石垣は、凄いですね。いつ頃、どなたが造ったものですか」
 
いや、ハッキリとお習いしてはいないのですが、少なくとも江戸時代には在ったということですね。
初代藩主結城秀康公が命じられたのかもしれませんね。
いや、柴田勝家公は足羽川に5つの河戸を設けられたのですから、勝家公が整備されたのかもしれない。
いや、勝家公は、すでに敷設されていたものを利用されたのかもしれませんね。
朝倉時代、北の庄は、すでに北国街道沿いの商都として栄えていたということですから、
朝倉氏とも言えるかもしれませんね。(朝倉時代だと凄いの二乗なんだけどなぁ)
  

いやはや、汗顔の至りでした。
  
でも、この絵図をみられて、石垣に目を止められるなんて、すごいですね。
正直に申し上げて、石垣のこと、天候に関わりなく舟が通行できて凄いな!とは感じていたのですが、
「何時?、誰が?」とは、考えたことがありませんでした。
まだまだ、歴史ボランティアガイドとしての未熟さを痛感し、
いろいろなことに素直な疑問を感じる、そんな感性を持ちたいものだと痛感させられた一時でした。
 


先輩、どなたかお教え下さい! 
いや、この甘えがいけない。 歴史博物館か、県立文書館をまず訪ねて見なければ!
(でも、また、日々のおさんドンや送り迎えにかこつけて、ゆったりと流れる時に身をゆだねるBabaに堕するんだろうなぁ、情けない私は!)
 


By 細野

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-07-15 14:45 | 活動の様子 | Comments(0)

「社地区」に伝わる〝歴史や伝承〟を小学3年生が勉強・探索する。

 社北小学校では3年生の総合学習の時間として「社地区のたからを見つけよう」と言う、古くから伝わる〝歴史や伝承〟についての話を聞き、ふるさとに興味を持てる勉強や、現地探索をする教科を行っています。そして過日(5月23日)社北公民館での集合学習会から始まりました。
d0314924_22202328.jpg
           3学級の先生に引率されて83名が集合しました。
d0314924_22294248.jpg
                 みんなの〝ふるさと〟はこんなところです
d0314924_2236823.png
  みんな一生懸命聞いて、いろいろ質問してくれました。たいへん良い勉強会になったようです。     さあ・・先日(6月27日)は、いくつかのグル-プに分かれて思い々の〝現地探索〟の日となりました。
d0314924_22511488.jpg
   みんな、お目当てのところをそれぞれに探索し、夏休み前の〝発表会〟に備えます。
d0314924_2313882.jpg
    みなさん、〝ふるさと〟のことをよ-く知って、強く〝誇り〟を持ってください。d0314924_23114083.jpg               
                                                                                                                                                                                                                                                                                       〝発表会〟へのご招待も受けていますので、大変楽しみに待っていたいと思います。そして、お礼状の綴りを、ありがとう。


    BY/ 「語り部」 I・YAMASHITA
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-07-10 23:31 | 活動の様子 | Comments(0)

お宝満載 宝永地区

こんにちは、
本格的な梅雨に入りましたね。

まだ、空梅雨といわれていた頃
6月28日(土)に福井市宝永地区のまち歩き研修が行われました。

d0314924_16555082.jpg


まずは、福井市体育館から出発です。

体育館が出来た頃の近辺の話や
当時はどれだけ斬新なデザインだったかの説明です。



フェニックス通りを南下します。

随所隋所に旧町名のお話しが盛り込まれています。

歴史に詳しくない私ですが、旧町名は、与力町・御堂町などわかりやすいアイテム

北国街道や芝原用水など、江戸のまち並に想像力が、掻き立てられます。

d0314924_1761369.jpg


笠原白翁や中根雪江のお話し 

佐々木忠次郎のお話しのところで、残念ながら雨が・・・・
(ここでは、担当を替って友兼さんの説明です。)


神明神社に避難です。

d0314924_17127100.jpg


ここで、ゆっくり 佐々木忠次郎のお話しを聞き

神明神社では、宮司さんが説明をしてくださいました。

宮司さんの説明も これまた わかりやすい。
おしんめさん  (福井の人なら親しみをこめてこう呼ばれていた方も多いのでは)

大変お世話になりました。

お宮参りなども行われていて、おごそかで、また 華やかでもありました。


d0314924_17273548.jpg


d0314924_1727577.jpg

持宝院(子安観音)さんで、お話しを伺い
(持宝院さんですが、お名前のとおりお宝を持っていらっしゃる。)

でも、大事な大事な仏様 御開帳の時しか見せてはいただけません。

にわか仏ガールの私は、お話しだけでもわくわくです。

持宝院さん 大変お世話になりました。


以前は門前町だった通りを歩き、岩佐又兵衛のお話し

宝永地区は宝永小学校のお話しなど、溢れんばかりです。
d0314924_1015237.jpg





宝永地区は名前の通り お宝の宝庫

今回、宝永地区の担当をされた
角野さん
d0314924_17351861.jpg


地元のことだから 本当にお詳しい。

今回 まわれなかったところ またまた 案内 お願いします。

市民のみなさんも 宝永地区はおもしろい

まち歩きを 行ってみてください。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-07-09 17:38 | 活動の様子 | Comments(0)