<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『豊かな健康ライフ』の地域探索で<大本山・永平寺>を参詣

  過日(6月19日)、福井市社北公民館の活動行事で『豊かな健康ライフ』、地域探索行事が催された。行先は〈大本山・永平寺〉と〈四季の森文化館〉。参加者は地区の37名のご婦人方々。
d0314924_141606.jpg
                            ≪勅使門(唐門)≫
  参加者全員、さすがに、ここ永平寺には何回も訪れていますが、観光、参拝での来訪です。この度の機会では、ふるさとの誇り〝「永平寺」の歴史〟も、しっかりと知っておきたいと言う意気込みが感じられた探索会となりました。
d0314924_14364100.jpg

  出発早々、バスの中から「講義」ははじまりました。d0314924_15411659.jpg資料をもとにみなさん熱心に耳を傾けてくれていた様子でした。   インドから中国へ渡った、達磨大師(初祖)が開祖とされる「禅宗」の流れを受け創宗されたという「曹洞宗」。鎌倉期、混迷する仏教界に迷い、南宋時代諸山を巡り天童山に渡った若き『道元』は、曹洞宗の教義を会得し、4年を経てようやく〝悟り〟を得て帰国することとなる。
  『道元禅師』が曹洞宗にて悟りぬいた主張に基いた、最高の修業とは《「只管打坐」(しんかんだざ)〝ただひたすらに座禅すること〟》であると云う。d0314924_16474356.jpg  『永平寺』- この寺の寺号は、古来、中国に初めて仏教が伝来した後漢時代の元号《永平(永久の平和)》に由来していると云う。「道元」による開山(1246年)から768年余、幾多の苦難を乗り越え、曹洞宗「大本山・永平寺」は今日まで修行の根本道場として崇められています。                  
                       〈七堂伽藍の中の説明を真剣に聞いています〉
d0314924_1723367.jpg
d0314924_17241114.jpg

                       〈傘松閣の天井画をけんめいに眺めています〉
この度の探索会では、「道元のこと」・「永平寺の歴史」・「永平寺の七堂伽藍」など、真剣に勉強しましたと、よろこんで頂けたようです。
           つづいて、昼からは〈四季の森文化館〉の見学です。
d0314924_20523910.jpg
d0314924_20533315.jpg

永平寺緑の村の記念館では、係員さんにより、発掘によるこの地域の縄文・弥生・古墳時代の説明をして頂きました。みなさん興味深く聞き入っていました。
帰りのバスの中では、周辺にある〝松岡古墳群(二本松山・手繰ヶ城山)〟や九頭竜川対岸に広がる〝六呂瀬山古墳群〟に見える巨大な「前方後円墳」などのお話をして、古代『越の国』と『継体天皇(大王)』出自の〝ふるさと〟を感じることが出来るような豊かな探索会となりますよう願いました。

                                         BY/ 「語り部」 I・YAMASHITA

  
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-26 21:51 | 活動の様子 | Comments(0)

「語り部」全体会無事終了

6月21日(土)全体会が開催され何はともあれ終了
執行部の皆様ご苦労様でした。

d0314924_17551330.jpg


※野次馬の一言
○私たち「語り部」のお年寄(失礼)の元気さに圧倒。
増々意気盛んな所を見せていただき 当分は老人パワーが続くのか?

○山下元副会長の辞任のあたり、今後のご活躍を心から期待すると共にご指導よろしくお願いいたします。

d0314924_17594235.jpg


○一番ほっとされたのは井上議長さんでは 
 落ち着いて会議進行ご苦労様でした。
d0314924_1814541.jpg


○10人10色色々意見があって当然 議論百出結構
しかし決まった事には、しこりを残さずきれいさっぱり 一致協力して対処するのがルール
これからも 会員一同「語り部」発展の為 協力してがんばりましょう。


by Y.I


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-24 18:08 | 活動の様子 | Comments(0)

雨の校外学習

6月13日(金)雨降りの中
和田小学校さんの校外学習に「語り部」が協力をしました。

この日はあいにくの雨でしたが

皆さん 

頑張りました。

コースは、4コース
① 松平春嶽・結城秀康コース
② 笠原白翁・禿すみコース
③ 橋本左内・柴田勝家コース
④ 橘曙覧 ・継体天皇コース
の4班に分かれ91名の子たちが歴史散策です。

まずは左内公園の模様を、

代表の子の気持ちのいいご挨拶

それに続く皆さんのご挨拶

d0314924_10354614.jpg

(ガイドは小坂さんです。)

がぜんやる気がでたことでしょう。

d0314924_1039577.jpg


資料をお見せしてガイドを行っていますね。

この時はさほど雨は降っていませんでした。


継体天皇のコースの子たち
雨が本降りになってしまったので
早々と橘曙覧 記念文学館の方に

d0314924_1044084.jpg

(※館内の写真は一般の方は禁止です。)

ガイドは栗田さん

雨の中大変だっただろうに

どの子も静かに聞いています。

騒ぐ子など1人もいません。

どの子も真剣そのものですね。

小学生を相手に話すことは、言葉も選ばなければいけませんし、

あまり 難しいことを話すと聞いてくれません。
d0314924_10563754.jpg

この栗田さんは、下見をし、先生にご意見を伺いガイドを担当しました。

その甲斐があって、皆さん ちゃんと聞けていたようです。

引率の先生や保護者の方のご指導の賜物でもあるんでしょうね。

(自由学習の時間は秩序を守って元気でしたから・・・)

このように 毎年 「語り部」をご利用いただいている学校もあります。

語り部もそれに応えるべく研鑽を積んでいます。


どうぞ 「語り部」をよろしくお願いいたします。

a href="http://localchubu.blogmura.com/fukui_town/">にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-16 11:13 | 活動の様子 | Comments(0)

オールマイティー

こんにちは
事務局は、「語り部」の事務を行っているだけではありません。

他に福井市の小学6年生を対象に子ども歴史クラブという活動の担当もしております。

この子ども歴史クラブですが、この時期に

おさごえ民家園で「昔の暮らしや遊び体験」という活動を行っています。

いつもは、お二人の講師の方にお願いをしているのですが

今年は、昨年と比べて、参加人数が多くなりそう

そこで、「語り部」さんにSOS

3人の「語り部」さんが協力してくださいました。

d0314924_17313999.jpg


子どもの時の体験談を講師の方と一緒に話してくださったり

竈でご飯を炊くお手伝いをしてくださったり
d0314924_17462930.jpg

お手玉などを、子どもたちと一緒に遊んでくださったり

もう 大活躍
d0314924_173973.jpg


そして、子ども時代のことを懐かしんでおられました。


歴史といっても偉人のことばかりではありません

ものの無い時代に工夫を凝らし理にかなった生活をしていたことを伝えてくださるのも

「語り部」さんです。

また、来年も よろしくお願いします。

そして、福井市の小学5年生 歴史に興味があってもなくても 「子ども歴史クラブ」に入会してみてください。

来年年明け早々に小学校を通じて募集をします。

d0314924_174656100.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-11 17:49 | 活動の様子 | Comments(1)

研修会あれこれ

5月に行いました研修会の様子を
お知らせします。
5月14日
橋本左内について小坂さんが発表です。
d0314924_1691013.jpg


背景が黒のパワーポイントの資料がカッコイイですね。

d0314924_16113512.jpg


写真が沢山使われ、とてもわかりやすいお話しでした。

その後は、青山さんの発表です。

d0314924_16133418.jpg


青山さんは、一乗谷朝倉氏遺跡についてです。

d0314924_16142776.jpg


みなさん 熱心に聞いておられますね。

次は、5月17日に行われた、福井駅東地区の研修の模様を

d0314924_16173261.jpg


駅東地区在住の池田さんより、大森房吉についてお話しをされています。

その後、一行は火産霊神社へ
馬鹿囃子で有名ですね。
ここは、山田さんの説明です。
d0314924_1619349.jpg


その後は、東光寺さんの説明を福岡さんが
(福岡さんはお寺にとてもお詳しいですよ)

d0314924_16202797.jpg


そして気象台に寄り東公園後ろの小道を歩き北向き観音さまへ

この小道なんですが、木々の木漏れ日、草花が咲き乱れ、川風がふき
なんともいい感じなのです。

お散歩するには絶好です。

北向観音様です。
d0314924_16235779.jpg


その後白髭神社さんへ
d0314924_1625288.jpg

グットタイミングかどうかお祭りをされていました。
宮司さんのお話しも聞けました。

d0314924_16263964.jpg


乗国寺さんを見学し、桜の馬場の位置も確認し
岡田啓介と吉田東篁の碑の前で説明を聞き


最後は松尾伝蔵の説明です。
d0314924_16451100.jpg

子どもの頃 おじいちゃんやおばあちゃんに聞いた話をしてくださったり、気持ちのよいお散歩コースの
発見があったりと中身のこい一日でした。

研修会で発表やガイドをしてくださる皆さん
ありがとうございました。

地元福井の皆さん 駅東地区の散策は楽しいですよ

是非 語り部の案内でまち歩きをされたらどうでしょう。

各 公民館の方々 「語り部」の活用をお待ちしております。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-10 16:43 | 活動の様子 | Comments(0)

地元の方へガイド

梅雨入りしましたが

今日はお天気に恵まれました。

本日は福井市日之出公民館さんのご依頼で
語り部の福岡さんが、ガイドを担当されました。

d0314924_1802689.jpg


女性ばかりの15名様

d0314924_1812821.jpg


皆さん 熱心に見学されていますね。

d0314924_1881945.jpg




地元福井の方でも柴田勝家をご存知ない方がいらしゃるそうです。

こうやって 自分が住むまちの事がわかるのも
楽しいですよね。

福岡さんのお話は、いつも楽しく興味深いお話です。

市民の皆さんも「語り部」を ご活用ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-06 18:05 | 活動の様子 | Comments(0)

校外学習

去6月3日
校外学習で語り部が、日之出小学校の6年生64名のガイドを担当しました。


今日はその様子を

d0314924_171231.jpg


今日のコースは、福井神社 福井城址 北ノ庄城址 西光寺 左内公園 愛宕坂茶道美術館 橘曙覧 記念文学館です。

まず、福井神社の説明を聞いた児童は

福井城址の結城秀康像の前に

(私はここから参加しました。)

この案内は「語り部」の塩崎さん

まず 日陰に子どもたちを誘導

ウムゥ ナイスな気配りですね。

この日は確か真夏日にまで気温があがったとても暑い日でした。058.gif

結城秀康のことを話していらっしゃいますね。

徳川家康の次男だったことや

なぜ 福井に来たかなど

子どもたちにもわかる言葉で語っておられる。




結城秀康は茨城の結城というとこから来たんだよとの説明

いろいろな職種の住人も連れてきたので、

結城市に多い名字の人が福井にはいるんだよ

とのこと

んー なるほど 納得ですね。

ちょっと質問なども 交えていますね。

何人かの子が答えています。



正解かな?    間違いかな?   近いかな?



d0314924_1712369.jpg



この後は、北ノ庄城址公園へ
d0314924_17134718.jpg


ここでも、子どもたちの体調を考えて日陰を選んでいます。
d0314924_17152326.jpg


話をいろいろ聞きたかったのですが、
ここで、私は離れ職場に戻りました。 
(通常業務が溜まっているのです007.gif


子どもたちは、西光寺さん 左内公園 橘曙覧 記念文学館の学習に

暑い日でしたが、集中して聞いてくれて ご苦労様でした。

皆さん よく 福井の歴史わかったでしょうか?

語り部さんも 皆さんのお役に立てて うれしく思っていることでしょう

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-06-05 17:28 | 活動の様子 | Comments(0)