<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

駅東の歴史と味を堪能

4月19日 福井商工会議所青年部さん主催の
ふくい春まつりの「ぶらり駅東の旅」に地域の「語り部」として参加しました。


【大森房吉(1868~1923)】
d0314924_14181318.jpg

写真は、下見のものです。

ご案内は旭社会福祉協議会 渡辺先生

手寄公園東側に銅像と石碑があります。
近く百軒長屋に誕生し10歳まで福井で育ちました。
 20歳で東大、大学院で地震学専攻 大森式地震計を発明。
昭和40年中頃まで使用されました。

火産霊神社です。
杉坂宮司の説明です。
 
d0314924_14333292.jpg



結城秀康と北の庄入り、藩の祈願所となりました。
神社に伝わる“馬鹿ばやし”の能面37面は朝倉時代からの商人より贈られたもの
県指定無形民俗文化財。


d0314924_14352911.jpg



気象台の桜の標本木
d0314924_14371937.jpg


【杉杜白髭神社】
d0314924_14405376.jpg


1200年の歴史ある神社です。
昭和20年戦災で宝物が焼失しました。
 今も続けられている“七夜踊り”は200年以上続けられています。

d0314924_1531783.jpg


 d0314924_159014.jpg

d0314924_1572263.jpg


【地区での老舗】
山元菊丸商店 味噌 醤油 常山酒蔵の酒蔵 菓子処たつの で菓子とお茶で一休み。


いよいよ 私の説明です。
【吉田東篁(1805~1875)】

d0314924_15174474.jpg


この地で誕生しました。学問に志を立て正義堂(旭小学校前身)入学。正義堂、明道館で教べんをとりました。門下生に鈴木主税、橋本左内、由利公正、杉田定一等 幕末から活躍した志士たちを輩出しました。


【岡田啓介(1868~1952)】

d0314924_1515271.jpg

この地で誕生しました。子どもの頃は、いたずらっ子。旭小学校入学、福井中学卒業後、海軍大学、内閣総理大臣で2.26事件に遭遇。敗戦の収拾
平和回復に心を砕きました。


d0314924_1520241.jpg


【松尾伝蔵(1872~1936)】
d0314924_1521892.jpg

旭小学校の校庭入口に胸像と石碑があります。手寄上町に生まれました。2.26事件で岡田啓介(義兄)の身代わりになり殉職


d0314924_15312740.jpg



ぶらり駅東の旅に地域の「語り部」として参加しましたが、大勢の前で語るということのむずかしさ、わかっている事も気持ちの動揺で言葉が出ず参加者に助けられる有様でした。
これも経験を積むことで前進できるのではと思いました。

池田久子

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-25 15:25 | 福井のこと | Comments(0)

~歴史ボランティア「語り部」と巡る街歩き~

4月20日

ふくい春まつりのまち歩き

昔の城下町コース
城下町の名残と老舗めぐりのガイドを担当しました。

d0314924_1318489.jpg


雨が心配されましたが、街歩きの終わりまでは持ちそうです。

初めてのガイドです。

とても緊張しています。

200年前の城下町の地図を用意しました。

この地図をクリアホルダーに入れて頂いて、さあ出発です。
d0314924_13174071.jpg

1601年徳川家康の次男結城秀康は62万石をもらって福井の地へやってきました。


d0314924_13191176.jpg

まずは築城です。

家康が設計したそうです。

息子思いだったのか、信用していなかったのか、どちらでしょうね。

薄緑色の笏谷石だけで積まれているのが特徴です。

歩いて20分ほどの足羽山から大量に掘り出せたのは幸運ですね。

本丸の東側の堀に沿って歩いていきます。

桜は散りましたが、新芽を出した柳がきれいでした。



お殿様の別邸養浩館の北側に芝原用水が流れています。
d0314924_13203912.jpg


この用水は福井の町の人々の飲料水に充てるためのものでした。

当時は「御上水」と呼び上水奉行のもとで厳しく管理されていました。

この水で手足を洗うようなことがあれば、本人はもとより村の庄屋たちも罰を受けたそうです。




「舎人」とは、身分の高い人の護衛官、または、身の回りのお世話をする人たちのことを指すそうです。

d0314924_13213079.jpg

この舎人門は福井城の北側にあります。

この門の外は江戸町と呼ばれていました。
2代将軍徳川秀忠の御嬢さん(勝姫)が2代藩主忠直のもとに嫁いできたのです。

江戸町の大きさから推測するとたくさんの舎人たちが江戸からやってきたようですね。

そして、毎日お姫様のお世話をするために舎人たちがこの門をくぐったのではないでしょうか。


橋本左内は藩医の家に生まれましたが、松平春嶽の側近として登用され、幕末に活躍しました。
d0314924_13221584.jpg


しかし、残念ながら安政の大獄で斬首の刑に処せられ26歳で亡くなっています。

藩医でしたが、教育家、思想家として福井に住む私たちに大きな影響を与えました。

15歳で書かれた「啓発録」が有名です。

生家の石碑に
「稚心を去る。気を振るう。
志を立てる。学につとむ。交友をえらぶ。」

が刻まれています。生家は約200坪の大きさだったそうです。


片町と呉服町に囲まれたところには老舗がたくさん残っています。
d0314924_13231170.jpg


柴田勝家が北ノ庄の城下町を作るときに、朝倉氏の一乗谷から
この地に多くの商人たちを移住させました。

国嶋商店さんは勝家の時代から延々と続いている老舗中の老舗です。

従って、国嶋商店の辺りは一乗町と呼ばれ、城下町の中でも最も古い町でした。

国嶋商店さんでは、麹を使った飲み物を3つも頂きました。甘酒に「生姜入り」、
「ラズベリー入り」、「ミルク入り」です。とてもおいしい飲み物でしたよ。

東京の発酵学者の方がこの飲み物を「飲む点滴」と表現されたそうです。

体に良いですよ。070.gif
この古くて新しい飲み物が福井の名物になってほしいと思っています。

その他にも「小大黒屋」さん、「天たつ」さん、「アラヨ」さんに、寄らせていただき
ご主人から興味あるお話を伺いました。

福井に残る老舗のお店が、これからも福井のまちとともに、うんと栄えていかれますように、
感謝を込めてお祈りしております。

最後に、このまち巡りでお世話になりました皆様ありがとうございました。

語り部 井上清一

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-23 13:29 | 活動の様子 | Comments(0)

「菜の花」と「さくら」と〝足羽川・足羽山〟

東安居地区、足羽川に架かる「水越橋」左岸ふもとに〝鴨渡公園〟があります。
d0314924_1945241.jpg

地区の人たちによる春恒例の〝菜の花畑〟づくりは、今年も堤防・河川敷一帯に見事な花を咲かせています。東の方向を見わたすと、足羽川・足羽山、そして遠くの堤防に春らんまんの〝さくら並木〟が目に跳びこんできます。すばらしい〝ふるさと〟の春の景観です。
d0314924_2012316.jpg

d0314924_2012159.jpg


視線を変えて眺めると、ふるさと福井の歴史も見えてきます。西の方向(下流)に見える河道の景色は50年程前に出来たものです。明治の後半に遊水地として掘削され、現在に至ります。
d0314924_2033678.jpg

東の方向遠くに視線を転じると、富士の形に見える「鷲ヶ岳」、そしてその奥にうっすらと映る霊峰「白山」です。とおく南北朝時代、斯波軍は鷲ヶ岳に陽動作戦の陣をとった、新田軍四天王の一人と云われた「畑時能」(僅か16騎)を3000騎の大軍で滅ぼしたといわれる。
d0314924_2059499.jpg

                      BY/ I ・YAMASHITA
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-12 21:05 | Comments(0)

福井市の桜をお目当ての方に

明日は、週末ですね。

足羽山周辺のさくらと今昔を紹介しましたが


今回は、福井城址を
d0314924_17315985.jpg


お城は空襲や地震でなにも残っていませんが

お堀と天守台だけが残っています。

徳川家康の次男 結城秀康が初代藩主です。

福井城址は、現在 福井県庁と議会と県警本部があります。

昔も今も役所があったわけですね。

県知事は藩主といったところでしょうか
d0314924_17333610.jpg


このさくらはいつごろ植栽されたものかはわかりませんが、お城とさくらは定番ですね。
d0314924_17342879.jpg


お堀に浮かぶはなびら
d0314924_17344962.jpg

今 満開で 風にひらひら舞っています。

城址を後にし職場に戻ります。

d0314924_1740443.jpg


大名町交差点 向かって左側に1万石を超える武家屋敷がありました。

浜町には

横井小楠の寄留地宅跡です。
d0314924_17583329.jpg

坂本竜馬 由利公正に多大な影響を与えた人物です。



今回の手紙は坂本竜馬暗殺の数日前のもので 由利公正の名前がしたためてあるそうです。




これで福井市中心部のサクラと今昔のご案内はおしまいです。


お昼休みを利用して、速足でめぐりましたので中途半端なご案内で申し訳ないです。

詳しいことは、「語り部」さんに聞いていただければいいと思います。

申し込みはこちら



福井市民の方もそうではない方も福井の歴史とさくらを堪能してください。


サクラはまだまだ見ごろです。


事務局でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-11 18:05 | 福井のこと | Comments(0)

ニュース

花冷えの日の昨日、今日ですが

今日は4月9日のさくらの様子と

足羽地区の旧町名のご案内です。



安養寺のしだれざくらと多分ソメイヨシノ

d0314924_11452043.jpg

他にも葉といっしょに咲く桜があったような?

ここは、与十郎町と呼ばれていたようです。
(江戸時代の町名のつけ方は、よくわからないです。
間違っていたらすみません。
通りと筋では、町名が違うこともあるようです。)

江戸時代には安養寺さんももっと大きなお寺だったようですね。



桜のように 志半ばで はかなく散った橋本左内

d0314924_11554743.jpg

この場所は
江戸時代には西念寺町 江口町と呼ばれていたようです。


足羽山の登り口です。
d0314924_1214515.jpg


この場所 今はトンネルですが、江戸時代には考顕寺が大きな敷地にありました。
今は考顕寺さんは写真右手にあります。

先ほどの安養寺さんもそうですが、明治になると比護がなくなり
小さくなるお寺がたくさんありますね。




毛屋町です。
西光寺さんが近いので柴田勝家ののぼりが
d0314924_1251159.jpg



今、坂本竜馬の手紙の発見でニュースで話題になった
由利公正ですね
幸橋の左岸にあります。福井市中央公園から移設され、整備されました。

d0314924_1273294.jpg

この場所は舟場町です。

雀のチュン子が紹介していましたが
繰舟の舟着き場だったからです。


橋がみえますが、泉橋です。
d0314924_12123093.jpg


この写真の左手の方は百閒堀とよばれる名前の通り大きな堀がありました。

この後は また ご紹介させていただきます。




ニュースです。
4月20日の福井県の広報番組「おはようふくいセブン」という番組で
語り部の山下さんが足羽山周辺や 由利公正広場周辺のガイドしているところが
放映されます。

聞き手は元モーニング娘の高橋愛さんです。

みなさん ご覧になってくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-11 12:16 | 福井のこと | Comments(0)

福井テレビさんで「歴史講座」を開きました

4月8日夕刻から「福井テレビ」さんのホ-ルにて、「歴史講座」が開かれました。現在開催中の〝ふくい春まつり〟の中心的なイベントとして、恒例の『越前時代行列』が4月12日に開催され、「福井テレビ」では中継放送をするに当たって、武者行列〝武将や姫様達〟の人物や歴史を改めて勉強しようと云うことで開かれました。

d0314924_15532551.jpg


マスメディアの先端という<テレビ局>にて活動する人たちのため、テレビ画面でよく目にするお若そうな男子・女子アナやスタッフの方たちも数多く参加され、社長様はじめみなさんがメモを執りながら真剣な眼差しで聞き入っておられました。

d0314924_17405662.jpg

d0314924_17442371.jpg


福井にゆかりの『武者行列隊』十数名の武将や姫たちの紹介のため、事務局で用意頂いた手元資料と、特別に作成した<パワ-ポイント画像>で説明された。ついつい予定時間を大幅に超えた講座となってしまいましたが、みなさん最後まで熱心にお聞き頂きました。    

当日(4月12日)は、華やかな〝中継放送〟が、県民みなさまに成されますよう、祈念申し上げる思いです。                                  
                                       BY/ I.YAMASHITA
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-09 18:32 | Comments(0)

足羽山より城下を

足羽川を紹介しましたが

足羽山より今の風景を

その前に 足羽山の桜といったら外せません。

足羽神社のしだれザクラです。

d0314924_16563171.jpg


d0314924_1734560.jpg






おっと 今の風景を紹介しなくてはいけませんね。

d0314924_17413527.jpg


福井城址方面です。

この山から見渡すと
北の庄城や、位置を移った福井城 低い建物の中に
どれだけ 大きくそびえ立ったことでしょう。

d0314924_17465655.jpg


九十九橋から花月橋方向

d0314924_17471925.jpg


新明里橋付近
川は右に流れていますが、江戸時代と今とでは川の流れはぜんぜん違います。
d0314924_1747586.jpg


すみません

今日は福井市民限定の内容でしたね。

昔の福井 故郷をお届けするのも語り部の役割かなと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-08 18:18 | 福井のこと | Comments(0)

足羽川今昔

桜満開の足羽河原

今と昔を


まずは、私 雀の「語り部」がご案内しますチュン

d0314924_172194.jpg


新米なので間違えていても
ご勘弁を
チュン

d0314924_17223794.jpg

福井城下眺望図 「福井城と城下町のすがた」 からお借りしています。

チュン この絵と比べてみてくださいね。

右端の細い線 

わかりますか?
繰り船です。
武士が利用していました。


今の幸橋あたりになります。

橋は九十九橋 

幸橋と九十九橋の間に芝居小屋
九十九橋に近い位置です。

さぞかしにぎわっていたことでしょう。

どんなお芝居だったんでしょうね


d0314924_1733096.jpg

このあたりでしょうか

浜町にありました

ピンクの花は桜ではなくて桃畑。
桃が桜に変身してしまいましたね。

どちらもきれいですよね。



九十九橋
半石半木の橋でした。

この橋の界隈が一番にぎやかだったとか


d0314924_17404781.jpg


絵では九十九橋の川下は舟がならんでいますね。

絵は小さくてわかりませんか


木町
河戸があった場所です。

材木屋さんがたくさんあったのでしょう。

d0314924_181687.jpg


その次は御舟町

んー 写真と絵とでは、ちょっとわかりませんね。



そして八幡神社
写っている橋 花月橋よりほんの少し川下にあります。

d0314924_1853940.jpg


下流に行くと御米倉がありました。

お米大好きチュン どれくらいのお米でしょうか
 

対岸に渡り、八幡神社

この絵にちゃんと載っているんですよ
d0314924_18175181.jpg


城下の方に戻りますチュン
d0314924_18183320.jpg


三秀園跡地
d0314924_18354876.jpg

福井藩家老松平主馬が築造した別邸チュン





d0314924_18223959.jpg


昔の行事がわかるチュン
d0314924_18232370.jpg


d0314924_18241556.jpg





さくらを愛でながら 昔の風景を想像して歩くのも楽しいチュン

d0314924_1829452.jpg


これで 私の案内はおわりです。

アーのどが渇いちゃったわ


サクラの蜜をいただくチュン
d0314924_1833531.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-07 18:33 | 福井のこと | Comments(0)

「語り部」全体会を開きました!

先週3月30日(日)、平成26年福井市歴史ボランティアグループ「語り部」全体会を開催しました。会場は、福井駅東口のアオッサ3階「ウェル・アオッサ」です。
40名を超える会員が集まり、全体会(活動報告や収支決算報告など)、懇親昼食会(春のお弁当)、アトラクション(ビンゴ大会)を堪能しました。
特に、会則や活動計画については白熱した議論が交わされ、会員の皆さんの活動に対する熱い思いがビシバシ伝わってきました。
また、当日、これから季節ごとに発行する会報誌「語り部通信」の記念すべき第1号(春の号)が配られました。
桜は満開。いよいよ新年度の活動が本格的にスタートします001.gif

by 広報部(中社)

d0314924_0402643.jpg

d0314924_0411652.jpg
d0314924_0434092.jpg
d0314924_0442223.jpg
d0314924_0445170.jpg
d0314924_045890.jpg
d0314924_0453789.jpg
d0314924_0455713.jpg
d0314924_046191.jpg
d0314924_0465340.jpg
d0314924_0472442.jpg
d0314924_0475055.jpg
d0314924_0482062.jpg
d0314924_0485073.jpg
d0314924_049153.jpg
d0314924_0494234.jpg
d0314924_0505480.jpg
d0314924_0501681.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
[PR]

by fukuinokataribe | 2014-04-02 00:05 | 活動の様子 | Comments(0)