人気ブログランキング |

修学旅行

9月25日 新潟県上越市から95名の小学6年生の修学旅行生を
「語り部」の5名が案内をしました。

遠い所からよく来てくださいました。

いらっしゃいませ

上越市は越前松平家とゆかりのある藩、高田藩のあった場所

なので 福井を修学旅行先に選んでくださったのです。

福井の人でも、高田藩と越前藩はゆかりがあることを知っている人は少ないかも?

まずは、福井駅東口に集合してご挨拶です。

d0314924_17334624.jpg


駅東口にある福井城下図
うっすらと現在の位置と比べられるようになっています。
d0314924_17351664.jpg


さあ 10班ある内5班の子が福井城址へと出発です。

まずは、内堀公園へ 
ここからは、お城の外郭がなんとなくわかりますね。

写真を撮ってる子がチラホラいました。
d0314924_17442264.jpg

d0314924_1744319.jpg

越後高田藩と越前福井藩の説明をします。

d0314924_17511743.jpgd0314924_17511680.jpg

やはり、地震の話ははずせませんね。 
新潟も地震の被災地です。
石垣が崩れた姿は、リアルに感じられたかもしれません

「君たちのお殿様もここで遊んでいたかも知れないよ」なんて、身近に感じられるような説明が
聞こえてきます。


d0314924_17514784.jpg















資料を手にして説明してます。

お彼岸は過ぎても暑い日でしたが、案内も熱くなっていますね。

この後、駅東に戻りこの子たちは、まちづくり福井さんのまちなかマルシェを体験。

先に、まちなかマルシェを体験した子たちを、今度は福井城址へ案内しました。

2度も案内 ご苦労様でした。

新潟の高志小学校のみなさん 福井はどうだったでしょうか?

何が一番 楽しかったのかしら やっぱり 枕投げ?

今の子も枕投げはやるのかしらね?

事務局でした。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
by fukuinokataribe | 2013-09-26 18:07 | 活動の様子 | Comments(5)

集中できない・・・ 

21日(土) 福井市収穫祭で中央公園界隈はよいお天気にも恵まれ各出店の

テントにもたくさん人の集まりがあり イベントのひとつの「語り部とまわる福井城址」

の語り部として子供たち13人余りと付き添いの親御さんを中央公園~山里門~福井

城址~養浩館へ案内しました。この日はあいにく(?)自衛隊のパレードがあり



 説明はヘリの音やまた子供たちは居並ぶ戦闘車両のほうが気になって残念ながら説明案内に

反応はいまいち。でも親御さんはしっかり聞いてくださり好評いただいたと思います。

でもちょっとパレード恨めしい2時間となりました。

                             by mK

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
by fukuinokataribe | 2013-09-24 13:41 | 活動の様子 | Comments(0)

オォー ナイスショット

福井に赴任されている県外出身の支店長、
営業所長にガイドをする機会がありました。

コースは北ノ庄城址公園から幸橋を渡り由利公正宅跡の説明

そして、足羽川の桜並木を歩き浜町の香櫨園まで案内しました。

香櫨園では、古き良き時代のDVDを鑑賞し女将とのセッションです。
その中の一コマを

d0314924_17493687.jpg




先々代浜町「香櫨園」の女将が割烹着のままでゴルフスイング

なかなかのものですねぇ

d0314924_17454283.jpg


昭和38年福井にもゴルフブームが・・・・・

場所は現在の香櫨園にあるところです。

9月13日 ちょっと暑い日でしたが、秋空の下

足羽川や浜町の風情 福井のことを楽しんでいただけたでしょうか

by Y . I
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
by fukuinokataribe | 2013-09-19 18:08 | 活動の様子 | Comments(0)

前回に引き続き

五嶽楼の歴史大変興味深かったです。

五嶽楼閉業の時の記念写真がありましたが

若い時お目にかかったことのある財界の方が何人か写っておられて、

大変なつかしく思いました。


また足羽山旧歴史博物館のあった場所には立派な能楽堂があった旨の
お話がありましたが、

ここは明治33年の大火のあと能楽堂建設運動が起こり、

松平康荘侯爵ほか市長財界などの寄付で

大正4年に完成したと聞いております。

戦災で焼失し実に残念なことですね。


なおこの能楽堂の写真は現在の市の能楽堂にあります。
                               mK
by fukuinokataribe | 2013-09-13 19:05 | 福井のこと | Comments(0)

研鑽 研鑽

今 「語り部」は市民の方などに広く福井の歴史を伝えることを念頭に、

メンバー同士の講演会を話す立場聞く立場で研修会を行っています。

その中で、9月8日(日)の研修に参加された方からの投稿です。


d0314924_9134784.jpg


研修会報告書

  と き 平成25年9月8日(日)13:30~16:00
  ところ 福井市茶道会館3F研修室

研修Ⅰ 「足羽山の松玄院と五嶽楼の歴史」

講師 小 坂 武 士 氏

 後 記
柴田勝家公が一乗谷より現足羽山に移された遊楽寺は、福井藩祖結城秀康公をはじめ、歴代福井藩主からも手厚く保護を受け、江戸後期には足羽山の殆どがその敷地であったという。「愛宕の松玄さん」は、その別当院であったが、明治維新の神仏分離令により愛宕神社となる(なんて、どうもこの神仏分離令というのは、よくわかりませんね)。
 その後、別当職坂上家に親しくしていた五嶽楼山田家より、福井女丈夫の一と云われた勢津が養女に入り、愛宕神社を支えていくことになる。
(福井女丈夫の一なんて、一度でいいから言われてみたいものですね)
現存すれば四ッ星、五ッ星間違いなしと思われる料亭「五嶽楼」は、結城秀康公に結城よりお供してきた山田家の先祖が、秀康公の安息所として表坂(現愛宕坂)に「山の茶屋」後の「清和楼」を開業したのが始まりと言う。時は移り明治10年5月、松平春嶽公(16代)が嫡子巽嶽公(17代)と共に宿泊された折り、眼下に見える福井市街や遙かな白山連峰を眺められながら、「清和楼とは56代清和天皇の御名と同じで畏れ多い。」として、目前の白嶽(白山)・芳嶽(吉野岳)・椿嶽(白椿岳)の三嶽と春嶽公・巽嶽公の二嶽を併せて「五嶽楼」と命名されたという。春嶽公は現代に再来されてもダンディで、知的で、教養人で、トップスターになられるだろうな。
 それにしても五嶽楼廃業は残念。金沢に勝るとも劣らない料亭だったのになあ! 各月毎に代わる調度や什器のあしらい、その器に盛られた料理の美しさとおいしさは、筆舌に尽くし難いものでした。前席に頂く薄茶とお菓子も、料理を引き立てる演出の一つでした。残念!!!!!
d0314924_9162856.jpg


研修Ⅱ 「岡倉天心と福井」

講師 吉 田  秊  氏

1 内 容 別紙資料参照

2 後 記
 吉田先生の講義を受講させていただいて、「心情は同じです」と叫びたい思いにかられたのは決して私一人ではなかったと思う。
 「岡倉天心は福井人です。横浜(の福井藩商館)で生まれようと、茨城に活動の本拠を移そうと、新潟で没しようと、そんなことはどうでもいい。彼は福井県人の気質と気概を持ち、福井県人と自称し、福井県人であることに誇りを抱いていたのです。 彼は正しく福井県人であり、福井県人以外の何者でもありません」と。
 その彼の心を受け継いだラングドン・ウォーナーが第二次大戦中、京都や奈良を空襲から救ったと言われていることに大きな喜びを感じます。
9月2日の「天心忌」の法要や4県持ち回りの「天心サミット」がいつまでも受け継がれていきますように祈らずにはおれません。

私の好きな天心の逸話を1つ。
天心が、羽織袴の正装でニューヨークの繁華街を歩いていると一人の若者が天心をからかってきました。

"What sort of nese are you people?
Are you a Chinese, or Japanese, or Javanese?"

"We are Japanese gentlemen. But what kind of key are you?
Are you a Yankee, or a donkey, or a monkey?"

注1 Javanese 造語 ジャワ人の意か? 注2donkey ロバ 馬鹿・愚か者の意有り

広報 細野




7日も研修会は開催され本日10日も行われます。
7日 10日の研修後記をどなたか 投稿してください。
BY 事務局

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
by fukuinokataribe | 2013-09-10 09:21 | 活動の様子 | Comments(0)

ようきたの三国

去る8月31日9月1日に第3回観光ボランティアガイド北陸大会in三国湊に参加しました。
第1回は石川県(鶴来・白山) 第2回富山県(南砺市)に続いて 第3回福井県(三国湊)で開催され、私たちの福井市歴史ボランティアバンク「語り部」は14名が参加しました。

まず 受付を済まし私は、5コースのから選んだ「三国神社、桜谷公園とその周辺」 コースを、
ボランティアガイドきたまえ三国のガイドさん案内の元現地研修に参加しました。
d0314924_13357.jpg

そこで 三国神社の本殿から登って約3分の所に


発見

d0314924_12553639.jpg

d0314924_12552364.jpg

三国神社の境内に継体天皇の母  振姫を祀ってある宮があるとは知らなかった
名称は「富理媛宮」
祭神は振媛命様です。
d0314924_1314693.jpg


現地研修のあとは、開会式の後懇親交流会で名刺交換、アトラクション等060.gif


大いに盛り上がり楽しみました。068.gif
d0314924_1381658.jpg


翌日は永平寺の丸子孝法氏の「出会いに学ぶ」の講演を聞き
d0314924_13113572.jpg


福井県観光ボランティアガイド連絡協議会の高谷会長の進行5名のパネラーの元、ディスカッションを行い盛況の中に幕を閉じ  
次回、大会旗を石川県に引き継ぎ再会を期しました。

午後からは、日頃のガイド内容を皆さんに紹介する「福井の語り部発表会」が催され
私たちのグループは田島さんが代表として発表しました。
d0314924_1316367.jpg

テーマは「福井藩12ヶ月年中行事絵巻について」の説明。
わずか5分の持ち時間内で解りやすくいつものペースで案内。
好評をいただきました。
d0314924_1318513.jpg

ご苦労さまでした
帰りにいただいた三国まんじゅうは おいしかったのー
お世話をしてくださったボランティアガイド三国湊のみなさん 福井県観光連盟さん ありがとうごさいました。
最後に三国でみつけたこの大きな石
d0314924_13224421.jpg

なんだかわかりますか?
松平忠直公由来の石

ピピーンときた方は「語り部」まで

といっても何もでませんが

by 「語り部」 Y . I

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ
by fukuinokataribe | 2013-09-05 13:33 | 活動の様子 | Comments(0)