旧北陸線の鉄道遺産を訪ねて

 平成30428日、敦賀市博物館主催の見学会に参加しました

d0314924_16470404.png

最初の北陸線は柳ケ瀬トンネル経由でした(赤線の経路)

見学会とは逆コースで説明します

d0314924_16463113.jpg

(写真は敦賀側から写したもの)

柳ケ瀬トンネル(1,352m)は、難工事の末明治17年(1884)に完成

現在は、一方通行の車道として利用されています。




d0314924_16500495.jpg

小刀根トンネル(56m)は、明治14年(1881)に完成

トンネル内は、下部が石積み、上部がレンガ積みとなっています

d0314924_16502534.jpg

刀根トンネルは道路拡張工事で消滅したが、要石が刀根公民館に保存

されています、レンガも付いています。

d0314924_16504226.jpg

笙の川を渡っていた橋梁跡、川の中に橋脚の基礎部分(舟形)

そして川岸には橋台の石積が残っています。

d0314924_16555967.jpg

旧疋田駅の下りホームの石積み、児童館の石垣に利用されています

貴重な体験ができました。案内された博物館職員の方に感謝申し上げます。 

                       by 中出



[PR]

by fukuinokataribe | 2018-05-01 16:56 | 福井県のこと | Comments(0)