一乗谷朝倉氏遺跡

12月3日快晴の日曜日174.png
一乗谷朝倉氏遺跡で研修会が行われました。

新人会員の戸田さんよりレポートが届きました。110.png

 初冬の晴天の下、「語り部」一行18名は

前田副会長のガイドで、朝倉氏遺跡へ足を踏み入れました。

放射冷却もあってか、開始の9時は手も足も顔も、とにかく冷えました。

d0314924_14552046.jpg

朝倉氏5代にわたる103年の一条谷での繁栄は、

越前の小京都と呼ばれるのに値すると、町並復元図を見ながら

感じとれます。なかでも5代目義景は、足利将軍を迎えるほどの力が

ありながら、家族の不幸や織田信長の攻撃もあり、最後は大野で自刃

しましたが、栄枯盛衰を感ずるものです。



d0314924_14553082.jpg

 興味をそそるのは、井戸跡が相当あることですね。

用水は大切な命をつなぐものだったと分かります。


(諏訪館跡庭園の山もみじは、ずっかり葉を落としています。)
d0314924_14555352.jpg

(南陽寺跡庭園)
d0314924_14560639.jpg
(紅葉も ずいぶん終盤です。)
d0314924_14562516.jpg

それに、将棋の酔象駒です。

現代将棋には残っていませんが、

勝負がなかなかつかなかったのでは

ないかと思います。



d0314924_14563657.jpg

3時間のガイドは正午に終わりましたが、

その時には観光客も多く、

県外ナンバーの車も多数ありました。


戸田さん レポート ありがとうございました。101.png




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ  

[PR]
by fukuinokataribe | 2017-12-05 15:00 | 活動の様子 | Comments(0)