鎮魂の灯り

昭和20年7月19日、焼夷弾の雨から逃げるようにして福井城址の内堀へ入られた方が、たくさん亡くなられました。
その方々の鎮魂の意味から「お堀の灯り」が始まりました。
今年で8回目になりました。

d0314924_23524898.jpg


d0314924_23541572.jpg


d0314924_235905.jpg

[PR]
by fukuinokataribe | 2017-07-23 00:00 | 福井のこと | Comments(0)