往時を偲び…語り部道中

11月5日(土)と23日(土)の2日間に亘り、北陸道の木田荒町一里塚より松本荒町一里塚までの約1里を歩きながら、街道筋の名所旧跡を巡るまち歩き研修に参加した。
日常何気なく通り過ごしている所々に立ち止まると、普段は気付かない遺跡・史跡が多々在ることに驚かされる。

* 初日行程;木田荒町一里塚~専照寺~長慶寺~木田神社~自性院~西光寺~左内公園~九十九橋小石原門

初日、出発点の木田荒町一里塚はお江戸日本橋より133里に位置するという。これらの一里塚には榎などが植えてあり、当時の旅人の里程を知るための、また一息つく場所として大変役立つものとして存在していたという。

  さて、出発点の木田荒町一里塚には世直神社があり、春嶽公に仕え、左内を見いだし、町奉行として善政を施した鈴木主税を祀っている。
d0314924_9331443.jpg

  そこから歩くこと2~3分で真宗十派の一つ、三門徒派の中野本山専照寺に参拝し、門主からの話を拝聴する。(この寺では、その後11月27日に門主が27代から28代へと移譲される法要が行われた)同寺の紋所が「二つ雁金」であり、勝家と同じかと思いきや、当寺は二羽の雁が雁行(斜行)、勝家方は上下一直となっている…新発見です。
d0314924_933528.jpg

d0314924_9341231.jpg

そして、すっかり色づいた銀杏で有名な、堀秀政の眠る長慶寺や牛頭天王を祀る木田神社、
d0314924_9344793.jpg
そして、私より400歳年上のお市の方の菩提寺の自性院、
d0314924_9362182.jpg

勝家の菩提寺の西光寺
d0314924_9365886.jpg

左内公園などを巡り、
d0314924_9372242.jpg
古の人々の想いを描きながら、北陸道も九十九橋南詰・石場町にて一日目を歩き終えたが、天気晴朗にしてうっすらと額に汗する陽気であった。



* 2日目行程;九十九橋照手門~京町~呉服町~左内生誕地~筋違橋~松本通り~加賀口御門~松本荒町一里塚

2日目は曇り空で初冬を思わせる寒さとなり、紅葉も落葉へと変わって来ました。

九十九橋北詰、照手御門を出発し、
d0314924_9385043.jpg

往時は一番の賑わいであったであろう京町を過ぎ、上呉服町にある小大黒屋さんでは、結と名付けられた資料館にて、店主より店舗の歴史や蠟燭の製造工程、そして伝統を守ることの難しさ等を詳しく説明していただいた。
d0314924_939712.jpg

 その後、呉服町を北上し、左内生誕地に立ち寄り、光明寺用水の分岐や
d0314924_9393347.jpg
呉服町通りと斜めに交差する筋違橋を実感しながら、ここから東に向けて右折し、松本通りに沿って街道は東進するが、
d0314924_940278.jpg
城下町の防御上、加賀口御門に向けて10ヵ所で矩折になっていたという。
 漸くにして寒い中、簸川神社、
d0314924_940307.jpg
加賀口御門、
d0314924_9404691.jpg
そして松本荒町一里塚へと到達した。
d0314924_941344.jpg

 考えてみると、二日がかりで一里を歩き、神社仏閣、名所旧跡、老舗を訪ねたが、これだけでも皆さん、かなりの疲労感を覚えたことから考えると、往時の人々が如何に逞しく生きていたのか、つくづく感心するばかりです。道中を共にした皆さんお疲れ様でした。
by w.k



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ


[PR]
by fukuinokataribe | 2016-11-30 09:43 | 福井のこと | Comments(0)