勧進帳のふるさと「いよっ 小松」へ

福井県内でボランティアガイドの活動している人達の視察研修会がありました。
35度くらいの暑さの中、「小松観光ボランティアガイドの会」の方が、案内してくださいました。

d0314924_16224777.jpg

 
まず、加賀藩3代 前田利常寄進の神輿が城下を巡行し、小松の繁栄を祈ったとされる「お旅まつり」が行われる「兎橋(うはし)神社」へ。
「旅」とは、神輿が渡り歩く様子を表している。昔の人は、言葉が粋ですね。
「お旅まつり」は、約350年の伝統があるようです。

d0314924_16392158.jpg


その「お旅まつり」の時に絢爛豪華な曳山が繰り出される。その曳山を舞台にした歌舞伎が250年も演じられている。
小学4年生から6年生による子供歌舞伎が披露されている。
d0314924_18203299.jpg

                                                                                                                                       









歌舞伎というと、男の世界だが、ここでは女子の世界。男子は出られないそうだ。
「みよっさ」とは、「~してみようよ」の方言だそうです。


d0314924_18215084.jpg


人間国宝 徳田八十吉の旧宅を改修した錦窯展示館へも行きました。

d0314924_18332074.jpg








錦窯とは、錦焼すなわち上絵付に用いる窯のことだそうで、外窯の中に内窯があり、その隙間に熱が伝わり、内窯の中に納められた作品には直接火が当たらないようになっている。蒸すような感じです。
透き通るような綺麗な色の作品が並んでいました。












真宗大谷派の由緒ある「本蓮寺(ほんれんじ)」も案内していただきました。
明治11年に明治天皇がお泊りになられたお寺だそうで、御座所であったお部屋は、当時のままの状態で保存されています。
拝観は、事前予約が必要との事。お気をつけあそばせ。

最後は、日本に一台しかないダンプトラックの見学。圧巻だ!
このトラックは、南米チリで実際に使われていたそうです。コマツ製は、世界でも役に立っているのですね。

d0314924_19234360.jpg

                                                 by 山田 幸代




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
福井県 ブログランキングへ


[PR]
by fukuinokataribe | 2016-07-29 19:44 | Comments(0)