人気ブログランキング |

北国街道沿いの城下南町

今日は北国街道の福井の入り口「木田ノ庄」から幾つかの史跡をご案内します。
まずは、古地図で確認です。
d0314924_15515256.jpg
この地図は福井商工会議所の正面玄関前にあります。さあ 長慶寺に向かって出発しましょう。
商工会議所からフェニックス通りを南に行くと長慶寺があります。

長慶寺の山門です。

d0314924_15544914.jpg

長慶寺は北の庄18万石城主堀秀政の墓があり、鎌倉時代の住職が親鸞に法論を挑み敗れ弟子となり天台宗から真宗に改め自分も弓善と号した古くからのお寺です。
境内の近くに木田番所があり夜間は割札がなければ通行出来なかった為、境内から通行できるようにと寺の門を開きぱなしにしてあります。



次にご紹介するのは白山神社です。 
藤島神社と黒龍神社の間にあり、地元の石坂町(旧町名)の石工たちが奉納したということです。
当時は天災に度々みまわれ、飢えや疫病が絶えなかった為、加賀白山神社から十神を迎え建立しました。
その後、町内には火災にも免れ「火除けの神」と仰がれています。


d0314924_167951.jpg
この写真は黒龍神社です。

d0314924_16145231.jpg


昭和53年に創立1500年祭を斎行。現、中藤島(黒龍村)に500年 足羽山に遷座してから1,000年 今の宮司は63代目とか 

   日本国の守護神として国の四隅にある明神の中の1つです。北の越前 黒龍大明神 東の常陸 鹿島大明神 南の紀洋 熊野大明神 西の安芸 厳島大明神です。どうです   歴史を感じさせてくれますね。d0314924_1624534.jpgd0314924_16254382.jpg国歌にも歌われているさざれ石があります。 

















近年ではパワースポットとして知られ参拝客がたくさん訪れます。

百坂の登り口にある水道記念館です。
d0314924_17272435.jpg

奥にみえる建物です。福井市の近代建築を語る上で貴重なものです。福井は空襲と震災に見まわれ建築物がほとんど残っていません。この場所は斎殿清水跡(ゆやしょうずあと)でもあり、足羽神社のご神水として用いられ、昭和初期は市民の絶好の納涼地でした。 幕末の歌人 橘曙覧の妻 直子が毎日水汲みに通ったといわれています。
d0314924_1630592.jpg

福井市水道記念館のお隣にある麩市さんです。ここは、江戸時代から続く老舗です。バラの季節はオープンガーデンをされています。麩市さんですが、今はこんにゃく類を販売されています。 古くからのまちなので、他にも老舗はありますよ。
 
今日の案内はここまで

木田のまち歩きはどうでした? もっと詳しく知りたい方は、是非「語り部」にお申込みください。

他「語り部」は、九十九橋右岸のまちもご案内します。


今日のご案内は板倉でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

by fukuinokataribe | 2013-06-14 16:29 | 歴史あれこれ | Comments(0)