新人実地研修

新人実地研修に参加しました。
北ノ庄城址公園・福井城址
d0314924_13033734.jpg
最初に「語り部」としての心得からスタートしました。
その中に、来客に対しては まず 目に見えているものから話を初め、次に目に見えないものへ
展開するべし との 説明があり、とても納得しました。ここでは、地中の根石や幻の天守閣、
百間掘など見えるものや見えないものが色々あるので、良い指針をいただきました。

養浩館庭園
d0314924_13102034.jpg
ここでは、お客さんの滞在時間とトイレを念頭に置きながら建物内、庭、池などの
ポイントをテンポよく説明するのが大事だと思いました。
そして御月見ノ間の袋戸棚に書き込まれている男女の別れの漢詩を聞いて、江戸時代の殿様の
「ああ せつないな~」という庶民と同じような思いと気苦労を感じました。
d0314924_13150083.jpg
by吉岡栄雄

[PR]

# by fukuinokataribe | 2018-05-30 13:16 | 活動の様子 | Comments(0)

新人研修会に参加して

講師の先輩方より新人研修を受け、福井の歴史をより深くたくさん教えていただきました。
d0314924_11450763.jpg
                  (福井城址 結城秀康像前)


d0314924_11444212.jpg
                     (北の庄城址資料館)


またおもてなしの気持ちを持ち楽しんでもらいながら、ボランティアとして楽しむ心意気も感じました。
d0314924_11471774.jpg
                        (養浩館庭園)



d0314924_11462342.jpg



d0314924_11465159.jpg
今後も楽しく、有意義な活動の指導宜しくお願いします。      by田上


[PR]

# by fukuinokataribe | 2018-05-30 11:47 | 活動の様子 | Comments(0)

5月の校外学習

去る5月2日に日之出小学校さんのガイドを行いました。

福井城址から北の庄までのガイドを塩崎さんと髙村さん
左内公園のガイドを小坂さんが引き受けました。
d0314924_16151862.jpg


d0314924_16325435.jpg
塩崎さん申込みは福井城から北ノ庄までですが、
由利公正広場までご案内しましたとご報告がありました。

小学生は、一生懸命聞いてくれるので熱が入るのでしょうね。
       


 次の語り部がいる左内公園へ バトンタッチです。

こちらもみなさん 一生懸命聞いておられますね。
d0314924_16145931.jpg
由利公正広場までを、案内した塩崎さんは、ちょうどそこに居合わせた
越前市か鯖江市の校外学習の児童がいたので、どこに行くの?
と尋ねたら、北ノ庄の方 との返事が有りましたので、帰りは一緒に
北の庄まで、ご案内したそうです。

「ありがとうございました」の言葉で力も湧きますよね。

あくまでも 親切な語り部さんであります。


次の世代を担うのは君たちだからねぇ~


[PR]

# by fukuinokataribe | 2018-05-18 16:49 | 活動の様子 | Comments(0)

勝家の辿った道を歩く 玄番尾城跡に挑戦

柴田勝家ゆかりの山城 玄蕃尾城(げんばおじょう)に行ってきました。
玄蕃尾城は、福井県敦賀市刀根(とね)と滋賀県長浜市余呉町柳ヶ瀬の県境にあった山城です。
天正11年(1583年)の賎ヶ嶽の戦いで、柴田勝家の本陣が置かれました。
平成11年に「玄藩尾城(内中尾山城)跡」として国の史跡に指定され、続日本百名城にも選ばれています。

玄蕃尾城は前回中出さんが、紹介している敦賀側から入る柳ケ瀬トンネルの手前から車で向かいます。
d0314924_16463113.jpg
このトンネル手前を左折です。 
一方通行のための信号機が有りその奥に看板が立っています。




駐車場に到着です。
ここに簡易トイレと続百名城のスタンプやノートがあります。
今日は山陰や名古屋の方が記帳されていましたよ。
(でも、ちょっと前のことなので記憶があいまいです。)
 ノートをぱらぱらめくりましたら、意外と福井県民が少ないのには がっかりです。143.png
知る人ぞ知る山城なんでしょうか
d0314924_09102699.jpg
今は私たちしかいません。
夫と私です。夫はアッシー君 山に登るのは嫌だと・・・何かあったら携帯で呼べと言われても
圏外で携帯が使えません。鈴をつけているから大丈夫だけど気持ちのいいものではありません。
この薄情もの145.png



下調べでは山道を歩いて20分
d0314924_09145518.jpg


途中におじぞうさんが
d0314924_09152744.jpg
大権現とかかれていますね。武者の魂を慰めているのでしょうか?



d0314924_09162237.jpg


織田軍と朝倉軍が戦った刀根坂戦いの舞台  刀根越(倉坂、久々坂とも)
d0314924_09182557.jpg



行市山砦跡は賤ヶ岳の合戦時に柴田勝家軍の佐久間盛政が陣を構えた所
d0314924_09231534.jpg



このような山道を歩き
d0314924_09405798.jpg


平坦なところに出ます。城跡はもうすぐ
d0314924_09421007.jpg


きれいに管理されています。近いですね。
d0314924_09450274.jpg


着きました。見取り図です。
d0314924_09460440.jpg



案内板です。
d0314924_09465696.jpg



さあ これからは、たくさんの土塁や堀を紹介しますね。
d0314924_09541452.jpg



写真ではうまく伝わるかどうかわかりませんが、この堀をみてください。
d0314924_09551696.jpg



d0314924_09561143.jpg



ここにも堀
d0314924_09562872.jpg



土塁
d0314924_10001008.jpg



d0314924_10005786.jpg


とても広くて約1時間近くいたような・・・
もう夢中で歩きましたよ。
山城について知識があったら、もっとおもしろいのでしょうね。

d0314924_10014188.jpg



d0314924_10022117.jpg



d0314924_10032770.jpg



この日は4月21日 城跡には山桜が
d0314924_10044159.jpg



d0314924_10060978.jpg


山頂からは、北陸高速道路が見えます。
d0314924_10064077.jpg
山頂では、携帯は使えますが下で待っている夫には使えずあ~残念。


やはり、1人は気持ちが悪いので そろそろ戻ります。
帰りには、1人の若者が登ってきましたよ。
車は確か名古屋ナンバーでした。


この後は、勝家が整備した道 栃ノ木峠へ
実は、最初に向かおうと思いましたが、冬季通行止めが解除されていませんでした。
365スキー場から向かおうとチャレンジもしましたが、雪が残っているのと
土砂が崩れてもいました。(行く人いないかもしれませんが、要注意です。)


残念ながら、栃ノ木峠の大栃ノ木は枯れていました。
勝家を多分見ていただろうに・・・
d0314924_10151412.jpg


こうやって いくつもの山を越えて越前に向かったんでしょうね。
d0314924_10153040.jpg
また、滋賀に戻り柳ケ瀬トンネルを通り福井に戻りました。

研修のための下見でしたが、
どうです 行きたくなったでしょ
でも、山道はきついですよ。
体力に自信のない方はストックは必需品です。

byふく

[PR]

# by fukuinokataribe | 2018-05-09 10:55 | 福井県のこと | Comments(0)

旧北陸線の鉄道遺産を訪ねて

 平成30428日、敦賀市博物館主催の見学会に参加しました

d0314924_16470404.png

最初の北陸線は柳ケ瀬トンネル経由でした(赤線の経路)

見学会とは逆コースで説明します

d0314924_16463113.jpg

(写真は敦賀側から写したもの)

柳ケ瀬トンネル(1,352m)は、難工事の末明治17年(1884)に完成

現在は、一方通行の車道として利用されています。




d0314924_16500495.jpg

小刀根トンネル(56m)は、明治14年(1881)に完成

トンネル内は、下部が石積み、上部がレンガ積みとなっています

d0314924_16502534.jpg

刀根トンネルは道路拡張工事で消滅したが、要石が刀根公民館に保存

されています、レンガも付いています。

d0314924_16504226.jpg

笙の川を渡っていた橋梁跡、川の中に橋脚の基礎部分(舟形)

そして川岸には橋台の石積が残っています。

d0314924_16555967.jpg

旧疋田駅の下りホームの石積み、児童館の石垣に利用されています

貴重な体験ができました。案内された博物館職員の方に感謝申し上げます。 

                       by 中出



[PR]

# by fukuinokataribe | 2018-05-01 16:56 | 福井県のこと | Comments(0)